脱毛サロンの施術の仕方

安く脱毛したいなら

光を利用した脱毛方法

できるだけ安く脱毛を行ないたいのであれば、脱毛サロンで行なうのがオススメです。では、脱毛サロンはどういった施術の方法で脱毛をしているのでしょうか?脱毛サロンでは、レーザーを使ったものや光を利用した脱毛方法が行なわれます。

針を使う施術の場合は、毛穴一つ一つに細い針を差し込んで、弱い電流を流し込むことになります。この電流が針に伝わり、毛穴内部の組織にダメージを与え、発毛をしないようにするのです。光を利用した脱毛方法は、一般的に「光脱毛」と呼ばれているもので、脱毛サロンによって、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、ルニクス脱毛などとその呼び方は変わってきます。

施術の方法も気になる方も多いかと思いますが、方法以外に気になる部分と言えば、「施術時の格好」だと言う人もいますね。


どんな格好で?

脱毛サロンで施術を行なう場合、どんな格好でやるのか?なんて気になったことはありませんか?全て脱いで丸裸でやる・・・というのはほとんどありません。上半身を脱毛するときは、ほとんどのサロンがバスロープを着るところが多く、下半身を脱毛するときは紙ショーツをはいて行なうところが多くなるかと思います。

Iライン脱毛の場合は、どうしても股間を見せなければならなくなるのですが、もちろん、陰部は見えないようにしてくれますのでご安心ください。ただ、サロンによっては四つんばいになって施術を行なったり、下半身は何もはかないというところなど、いろいろと変わりますので、事前にどのような格好で行なわれるのか聞いておくほうがいいでしょう。
こんな恥ずかしい格好をしなくても、自宅で安心家庭用脱毛器で脱毛するなんて方法もありますよね。



脇の脱毛は痛い?

光脱毛の施術をうけた後にひんやりジェルなどで肌を冷やしてはくれますが、その日は多少の赤みが出現することがあります。


特に夏に施術した場合は赤みがみられるケースが増えるように感じます。


そんなケースは自分で冷えたタオルでクールダウンしたりして赤くなるのを抑える対策をしています。


ムダ毛で気になるナンバーワンは両脇に生えた毛です。


多数の女性から脇の脱毛は痛い?という疑問が寄せられています。



確かに脇は体の中でも敏感に感じる部分だといえるでしょう。痛みの感覚には個人によって差がありますし、脱毛する方法の選択によっても痛みは違ってきます。例をあげると、評判が高い光脱毛なら割と痛みが軽いと聞きます。ムダ毛は部位によって最も適する脱毛法を選択することが必要です。


たとえばで言うと、iラインはなるべく永久的な脱毛の効果を持つ方法を選んだ方が良いと思います。

脱毛の効果が弱い方法だと何度も繰り返してiラインに施術する必要が出てくるのです。


なので、脱毛効果の強いニードル脱毛でiラインをきちんと脱毛することが良いと考えられるのです。

ニードル法で脱毛を行うようにすると、毛根の中に直接細いニードルを差し込んで電流を流すので、施術の直後には跡が赤く残る可能性もあります。しかし、施術をうけた後に脱毛箇所を充分に冷やしておくと翌日にはすっかり跡が消えている事が多いので心配ありません。ニードル脱毛ではプローブという細い針を使って毛穴に挿入して通電させることにより、発毛組織を電気の熱で凝固させるのです。
ニードル脱毛は永久脱毛として有効的であり、一回処理した毛根からムダ毛が再び生えにくいのが特質なのです。


ただ、痛みや肌への負担が大聞く、施術後は、肌の赤みがなかなか引かないこともあります。

エステや脱毛サロンで有名な光脱毛は妊娠している方がうけても危なくないのでしょうか?通常は妊娠中は光脱毛をうけるのは不可能とされています。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れているため、肌トラブルが起きやすくなったり、脱毛効果が満足に得ることができないことがあるからです。


最近、ニードル脱毛という脱毛法は少なくなり、見かけることがすっかりなくなりました。

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺し電気を通すという脱毛法でおそらくは色々な脱毛法がある中で一番と断言していいほど痛さが辛いものです。そのようなニードル脱毛の気がかりな値段の方ですが、サロンによって差はあるものの比較的高額な料金設定になるようです。

ムダ毛の中でも産毛みたいな薄くて細い毛にはニードル脱毛が有効です。

光脱毛は黒い色に反応するため、濃い太い毛には有効ですが、産毛にはほとんどといえるほど有効ではありません。

だけど、ニードル脱毛なら産毛でも明らかに毛を処理することが可能なのです。