脱毛サロンと脱毛クリニックの違い

レーザーか光か?

プロにお願いしたい

脱毛を自分で行なわずに、プロにお願いしたいと思うのであれば、脱毛サロンかクリニック脱毛を選ぶことになるでしょう。脱毛には、レーザー脱毛と光脱毛が主流の施術方法となるかと思いますが、レーザーを選ぶのか光を選ぶのかによって選択肢が変わります。

では、脱毛サロンとクリニックでの脱毛には、どんな違いがあるのでしょうか?この両者の違いを一言で言い表すならば、クリニックは「病院」でサロンは「エステ」です。つまり、クリニックで脱毛をする場合は医療行為となりますので、脱毛を行った事でヤケドや炎症などが怒った場合は、薬を処方してもらうなどの「医療行為」を行なってもらうことができます。


脱毛の効果も高い

施術する人も医師免許を持った医者が行うことになりますので、脱毛の効果も高いものになるでしょう。しかし、医者が行なうものとなりますので金額が高くなるのも、クリニックでの脱毛の特徴となりますね。

医療脱毛は効果が高い分、痛みが激しいというのも挙げられる点となるのではないでしょうか。一方、脱毛サロンの場合は医療行為にはなりませんし、そもそも医療行為自体ができませんので、肌にトラブルが生じたとしても薬を処方してもらったりすることはできません。

そういうこともあってか、肌のトラブルが起きないように、脱毛サロンのほうがアフターケアをしっかり行なってくれるという点が挙げられます。また、医者が施術するわけではありませんので、価格がリーズナブルというのも脱毛サロンのメリットになるのかもしれませんね。





脱毛のアフターケアが肝心

永久脱毛には興味があるけれど、体への害があるのではないかと感じる女性もいます。体に害があるという場合、どのレベルなのかという不安もあるでしょう。

もちろん脱毛をおこなうと肌負担がないとは言えません。しかし、保湿などのケアを念入りにおこなえば、それほど問題にはならないでしょう。つまり、脱毛のアフターケアが肝心ということなのです。全身のムダ毛は部位によって、最も適した脱毛の方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)を選ぶ必要があります。

例えばで言うと、iラインは可能な限り永久的な脱毛効果のあるやり方を選ぶべきでしょう。脱毛効果の弱い方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)だと何回も繰り返してiラインに施術することが必要となります。なので、脱毛の効果が高いニードル脱毛でiラインをしっかりと脱毛することがお勧めです。講習を受けさえすれば誰でも機器をあつかえる光脱毛の施術というのは、脱毛エステサロンで受けられますが、レーザー脱毛の場合は、医療行為とされるため医師免許を取っていない人は施術をすることは不可能です。つまり、医師なしのエステサロンでレーザー脱毛をするのは、違法です。脱毛サロンにおいて脇の脱毛をしたら汗っかきになっ立という声を頻繁にききますね。脇の毛が無くなったことによって脇の汗が以前よりも流れ落ちやすくなってしまい、そんな感想をもつだけみたいですよ。
度を超して気にするのも良いこととは言えませんし、こまめに汗を拭って清潔を心がけていればよいでしょう。


サロンで人気なのは、光脱毛という脱毛法です。
また、近頃は家庭用脱毛器などでも、この光脱毛システム搭載の商品が販売されています。

毛には毛周期があるため、1度の施術だけだとあまり脱毛の効果は感じられません。



時間をあけて6回ほど繰り返し脱毛施術をされますと満足いただけます。



脱毛をしたいと思う女の人の中には、全身脱毛をした方が良いのかなと悩む人も少なくありません。また、気になるエリアのムダ毛だけを処理すればよいのではないかと考える人も多いのです。でも、一部の脱毛をすると他の箇所の毛が目立って気になります。

なので、初めから全身脱毛をする方が効率が良くお得になります。
近頃は脱毛を全身する場合の料金がとても安くなってきました。最新の脱毛法である光脱毛で効率的に脱毛できて大幅な経費削減が可能になった結果、脱毛料金が今までよりとっても安くなったのです。


特に大手で人気のあるエステの中には、全身脱毛が最安値で受けられるお店もあってすごく人気です。脱毛方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)の中でも人気のあるのが光脱毛だそうです。

光を施術部に瞬間照射してムダ毛処理を行います。これまでの脱毛法にくらべて肌に優しいので、施術時は痛みや肌トラブルが少しで済みます。
脱毛効果が強くて安心できる脱毛法として定評があります。